見る・遊ぶ

二本松・阿武隈川河川敷を公園として開放 セレモニーに園児ら

芝生を駆ける子どもたち

芝生を駆ける子どもたち

  •  
  •  

 二本松市の安達ヶ原ふるさと村(二本松市安達ヶ原)に隣接する阿武隈川河川敷を「安達ヶ原河川敷公園」として無料開放するに当たり、オープニングセレモニーが、6月5日に行われた。

テープカットをする三保恵一二本松市市長(中央)

 2018年に整備が始まった同園。テニスコート11面分の面積を保有し、ベンチや駐車場も整備しされ、夏にはバーベキューなどを楽しめる広場も整備している。同園は安達ヶ原ふるさと村と隣接しており、施設の駐車場としても利用していく。

[広告]

 オープニングセレモニーでは、市内の子ども園の園児らが、できたての芝生の上を走り回るなどして楽しんだ。子どもたちからは「たくさん走って楽しかった」「気持ち良かった」などの声が上がった。

 オープニングセレモニーで、三保恵一二本松市市長は「この場所が市民の憩いの場になれば大変うれしい。これから地域の方々に協力してもらい、曼殊沙華などの球根を植えていく予定」と話す。

  • はてなブックマークに追加