食べる 学ぶ・知る

福島・仁井田で子ども食堂「よしいだキッチン」 子どもたちの居場所に

「よしいだキッチン」に参加した子どもたち

「よしいだキッチン」に参加した子どもたち

  •  
  •  

 食べる・学ぶ・遊ぶを通して子どもの育ちを支えることを目的とした子ども食堂「よしいだキッチン」が1月16日、吉井田学習センター(福島市仁井田)で開催される。

 「よしいだキッチン」 はNPO法人「ビーンズふくしま」が主催。子どもたちを取り巻く環境が大きく様変わりしている中、子どもたちがホッと一息つける居場所、家でも学校でもない安心できる居場所を地域の中に一つでも多く作りたいという思いで2018年7月にスタートした。毎月1回開催し、毎回50人ほどの子どもが参加している。

[広告]

 2019年12月までの参加者の累計は、子ども767人、ボランティア380人を数えている。

 食事の提供だけが目的ではなく、高校生や大学生の学生ボランティアと一緒に勉強したり、室内遊びや体を動かして遊んだりする時間も設ける。

 調理や食材提供は、地域企業や団体からの協賛や寄付、民生委員の協力などによって支えられている「よしいだキッチン」。参加した子どもたちからは「みんなで勉強や遊び、ごはんを食べたりしてすごく楽しかった」「優しい人が多く、ボードゲームも楽しかった」「友達を誘ってまた来たい」などの声が寄せられている。

 1月のメニューは「お野菜ゴロゴロポトフ」。申し込み締め切りは1月10日。活動時間は16時~19時。参加無料。