3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

福島に生き物と触れ合えるカフェ「Ricky」 フクロウやトカゲなど40種200匹

「お気に入りの動物を見つけたら家族に迎えることもできる」と話す店長の大久保さん

「お気に入りの動物を見つけたら家族に迎えることもできる」と話す店長の大久保さん

  •  
  •  

 幅広い生き物と触れ合える「エキゾチックアニマルカフェRicky(リッキー)福島店」(福島市三河南町)が6月6日、福島駅西口から徒歩3分の場所にオープンした。

大久保店長お薦めのサルバトールモニター

 犬や猫、ウサギ、フクロウなどの小型の動物から、トカゲなどのは虫類、サソリやムカデなどの節足動物と触れ合える同店。オープンのきっかけについて、店長の大久保さんは「前々から福島に出店したいと考えていた。系列店が東北を中心にあるため、東北からこうした店を増やしていければと思いオープンに至った」と振り返る。「初日は開店前から長蛇の列ができ、開店後も常に満席だった」とも。

[広告]

 同店には40種、200匹の生き物がいる。大久保さんは「お薦めはサルバトールモニターという大型のトカゲ。最大で2メートル50センチにもなる種類」と話す。生き物に直接触れたり、抱き上げたりすることもできるほか、フラッシュを使わなければ撮影も可能。

 席数は14席、最大35人を収容可能。フリードリンク制で、ドリンクを飲みながら動物に餌をあげるなどして触れ合える。動物の購入も可能。「気に入った動物がいたら、ぜひ家族に迎えてもらえれば」と大久保さん。ペットの入店はキャリーケースに入れ歩き回らないようにすれば可能。

 大久保さんは「福島駅からも近いので、気軽に立ち寄ってもらえれば。生き物との癒やしの場を提供していきたい」と意気込みを見せる。

 営業時間は12時~18時(土曜・日曜・祝日は11時~19時)。入場料は、大人=980円、学生780円、小学生以下=500円(以上、税別)、3歳以下無料。混雑時は1時間の制限時間を設ける。