3密を避けて新しい生活様式へ!

買う

伊達のニット製造会社が「冷感マスク」発売 コロナ禍受注減で新商品

ニット素材の冷感マスクは4色展開

ニット素材の冷感マスクは4色展開

  • 90

  •  

 伊達の地場産業であるニットの製造会社「大三(だいさん)」(伊達市梁川町)が7月1日、冷感マスク「クールクールマスク」を発売した。

マスク本体、耳掛けひもまで社内生産

 ニット製品の企画から製造・販売までを行う同社。製造・販売のきっかけについて、同社の三品清重郎社長は「例年今の時期は秋冬物ニット生産の最盛期だが、コロナ禍で受注が激減した。ニット製造に代わる仕事で社会貢献できればと思い、冷感マスクの開発に着手した」と振り返る。

[広告]

 同商品は接触冷感糸の超強力ポリエチレン、吸水性の高いキュプラ、速乾性の高いポリエステルを使い、蒸れにくい2履構造に仕上げた。多目的ポケット付きでありながら、縫い目のない無縫製仕立てのデザインを実現。マスク本体、耳掛けひもまで社内で生産している。

 福島県ハイテクプラザ(郡山市)の接触冷感測定結果では、同商品は不織布マスクに比べ3倍の値を示し、繰り返し洗濯しても冷感効果は変わらず、マスク本体に軽く水を吹きかけると気化熱の効果で冷感度を高めることもできるという。

 マスク内側の超強力ポリエチレンについて、三品社長は「他社が使わないような強靭(きょうじん)で扱いづらい繊維だが、技術力でカバーし、機械で編めるようにした」と話す。「福島県の地場産業であるニットの技術を生かした冷感マスクを楽しんでもらえれば」とも。

 カラーはホワイト、サックス、グレー、ネイビーの4色展開。価格は1枚990円。「道の駅りょうぜん」「まちの駅やながわ」「伊達駅なかプラザ」で販売するほか、Yahooショッピングでも扱う。

  • はてなブックマークに追加