3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

福島商業高吹奏楽部が定期演奏会 コロナ対策取り最後の思い出に

「多くの方に聴いてもらえるよう頑張りたい」と意気込みを見せる菱沼さん(3年、左)

「多くの方に聴いてもらえるよう頑張りたい」と意気込みを見せる菱沼さん(3年、左)

  • 292

  •  

 福島県立福島商業高校(TEL 024-553-3451)の吹奏楽部による定期演奏会が9月22日、「とうほう・みんなの文化センター」(福島市春日町)で開催される。

練習中の様子

 今年で25回目を迎える同会。定期演奏会の開催について、顧問の齋藤公孝教諭は「コンクールが中止となり、3年生は最後のチャンス、1年生も初めての演奏会になる。当校の伝統をつなぐという意味でも、コロナウイルス対策をしっかりと取り一般公開をするに至った」と振り返る。

[広告]

 今年は入場整理券を配布。会場の定員875人のところを県内在住者600人に限定し、客席の間隔を空けるなど対策を取る。入り口には消毒液を置き、ドアを開放するなどして密を避ける。齋藤教諭は「生徒らは自分たちの思いを達成することはもちろん、来てくれた人に楽しんでもらえるよう丁寧に考え練習している」と話す。

 練習中は生徒が密にならないよう間隔を空けて座り、同じ方向を向いて飛まつを防ぐなど対策を取る。部員の菱沼さん(3年)は「何もできないまま卒業になるのかと不安だった、開催できることになってとてもうれしい。引退が1カ月延びた分、演奏会当日まで自分の技術向上を図り、多くの方に聴いてもらえるよう頑張りたい」と意気込みを見せる。

 13時開場、13時30分開演。整理券の申し込みは今月10日まで。