食べる 買う

福島にテークアウト専門の総菜店「いさみ屋」 松花堂弁当販売店が業態転換

「いさみ屋」で販売する総菜

「いさみ屋」で販売する総菜

  • 17

  •  

 テークアウト専門の総菜店「いさみ屋」(福島市五月町、TEL 024-522-3903)が10月28日、福島市五月町にオープンした。

店内に並べられた総菜

 100年以上前に鮮魚店として創業し、先代から割烹(かっぽう)、会議用の弁当「松花堂弁当」の販売を手掛けていた同店。10年前から「松花堂弁当」の販売のみの営業に切り替えていた。テークアウト専門店オープンのきっかけについて、店主の渡辺真由美さんは「コロナ禍で会議の数が減り、会議用の弁当の販売数が減った。東日本大震災の時から、『一人暮らしの食』を助けるために飲食関係者として何かしたいと思っていた」と振り返る。

[広告]

 鮮魚店・割烹の店舗をそのまま使い、歴史を感じさせる趣のある造りの店内中央に並べられたテーブルと壁付けの棚に総菜を並べる。

 唐揚げ、シューマイ、おから煮などの定番メニューの他、旬の素材を使った総菜など20種類以上を用意。「ちょっと贅沢(ぜいたく)コーナー」には、特別な食材を使った総菜も並べる。渡辺さんは「10種類ほどのおかずが入った『おかずセット』と、東京・恵比寿のビストロ『ル・リオン』監修のグリーンサラダが人気」と話す。

 同店では現在総菜のみを販売。渡辺さんは「今後は要望の多いランチ弁当も販売していきたい」と意気込みを見せる。

 営業時間は15時~18時30分。土曜・日曜・祝日定休。

  • はてなブックマークに追加