食べる

福島におばんざい料理の店「さくら木」 親子で開業、コンセプトは「おうち」

お客さま同士で話が弾むような店にしたい」と話す店主の小野田ひろかさん

お客さま同士で話が弾むような店にしたい」と話す店主の小野田ひろかさん

  • 13

  •  

 昼は定食屋、夜はおばんざい料理店となる「酒処 さくら木」(福島市大町)が11月17日、福島市大町にオープンする。

オープン時の店の外観

 ロゴに桜の花をあしらった同店。オープンのきっかけについて、店主の小野田ひろかさんは「居酒屋をやってみたかった。母の自慢の料理を振る舞える場を作りたいと思い、昼夜営業する店にした」と振り返る。「コンセプトは『おうち』。宅飲みしているような、緩やかな雰囲気の店」とも。

[広告]

 店内は和の雰囲気を取り入れ、カウンター内から店内を見渡せる造りにした。

 昼は小野田さんの母・リサさんが担当。小鉢や漬物などを添えた「唐揚げ定食」「しょうが焼き定食」「焼き魚定食」「日替わり定食」(以上750円)の4種類を中心に提供。「日替わりで丼物やさっぱりしたものを提供できれば」とリサさん。

 夜は小野田さんが担当し、おばんざいスタイルで料理を提供する。季節の日本酒や焼酎なども月替わりで提供。「酒屋お薦めの珍しい日本酒なども用意する」と小野田さん。「気張らず、フラッと立ち寄れるようなアットホームな店にできれば」とも。

 営業時間は11時30~14時、17時30分~23時。昼=土曜・日曜定休、夜=月曜定休。

  • はてなブックマークに追加