食べる

福島のバル「BIN81」が2周年 81種超のジントニックを売りに

来店を呼び掛ける店主の柘植(つげ)浩二さん(右)

来店を呼び掛ける店主の柘植(つげ)浩二さん(右)

  • 10

  •  

 福島市の県庁通りにあるバル「BIN81(ビンハチイチ)」(福島市新町)が11月27日で2周年を迎える。

 ジントニックと和洋折衷の料理を提供する同店。オープン当時について、店主の柘植(つげ)浩二さんは「当初は人手が足りず大変だった。人手不足も、料理も、課題を一つ一つクリアして今に至る」と振り返る。

[広告]

 81種類以上のジントニックが売りの同店は、カウンター席とテーブル席合わせて40席。店内は黒を基調に、温かなオレンジ色のライトを取り入れたシックな雰囲気に仕上げた。柘植さんは「和食、洋食のどちらにも偏らない和洋折衷を心掛け料理を提供している」と話す。「以前は貸し切りなどが多かったが、コロナの影響で減ってしまった。新しい生活様式を取り入れていければ」とも。

 柘植さんは「種類豊富なジントニックも一押しだが、料理を目的として来店してくれるお客さまを増やしていければ」と意気込みを見せる。「SNSなどで当店を知った人も、気軽に来店できるような店にしたい」とも。

 営業時間は18時~23時(金曜・土曜は24時まで)。日曜定休。2周年を記念して12月4日まで、来店客におつまみまたはデザートを提供している。

  • はてなブックマークに追加