学ぶ・知る

福島県初のオリンピック選手たたえ「三浦弥平杯ロードレース大会」 参加者募る

参加を呼び掛ける「三浦弥平杯ロードレース大会」実行委員ら

参加を呼び掛ける「三浦弥平杯ロードレース大会」実行委員ら

  •  
  •  

 福島県出身の初のオリンピック選手である三浦弥平さんをたたえた「第40回三浦弥平杯ロードレース大会」が10月27日、伊達市梁川総合支所前で開催される。

 今年で40回目となる同大会は、福島初のオリンピック選手で1920(大正9)年のアントワープオリンピックのマラソン日本代表に選ばれた伊達市梁川町出身の三浦さんの業績をたたえ、1980(昭和55)年から毎年開催されている。

[広告]

前回開催時には県内外から1195人が参加し、盛り上がりを見せた。

 吉田勝重実行委員長は「弥平さんの功績を後世に伝えられるこの大会が40回目を迎え、大変うれしい。この大会から弥平さんに続く選手が生まれることを願っている」と期待を込める。

 梁川総合支所前をスタート・ゴールとし、ハーフ(21.0975キロ)の部、10キロの部、5キロの部、3キロの部、2キロの部、1キロの部、1キロ親子の部、「史跡めぐりウォーク(5キロ)」の8部門に分けて開催。今年は40回を記念して、入賞者には伊達市の特産品の進呈や市内入浴施設の利用補助を行う。

 申し込み締め切りは9月4日まで。

  • はてなブックマークに追加