見る・遊ぶ 学ぶ・知る

福島市のホストタウン、スイス・ベトナムとの交流イベント グルメや民族衣装も

開催をアピールする「ふくしま・ベトナム友好協会」の会員ら

開催をアピールする「ふくしま・ベトナム友好協会」の会員ら

  •  
  •  

 福島市のホストタウンであるスイスとベトナムとの交流イベント「2019ホストタウンフェスティバルinふくしま」が11月4日、街なか広場(福島市本町)で行われる。

 東京オリンピック・パラリンピックの参加国と交流を深め、地域の活性化や観光推進を目的としたホストタウン。福島市のホストタウンはスイスとベトナムの2カ国。会場ではチーズを使ったスイス料理やホットワイン、ベトナムの揚げ春巻きやフォーなどの出店の他、ベトナムの民族衣装アオザイのファッションショー、民族楽器の演奏などを展開。

[広告]

 子ども向けに弓矢での的当てゲームや輪投げなども予定している。

 東京オリンピック・パラリンピック競技大会福島市推進室の渡邉さんは「子どもから大人まで楽しく参加できるイベントを予定している。スイスやベトナムの文化に魅力を感じてもらえれば」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は10時~16時。

  • はてなブックマークに追加