見る・遊ぶ

福島のコーヒー店で地元作家の個展 「赤い実」をテーマに27点

自身の作品の前で笑顔を見せる作家のスゲノマロさん

自身の作品の前で笑顔を見せる作家のスゲノマロさん

  •  
  •  

 福島市のコーヒー専門店「RIVER BEACH COFFEE(リバービーチコーヒー)」(福島市南沢又柳清水)で11月22日~24日、二本松市在住の作家・スゲノマロさんの個展が開催された。

 福島飯坂線沿いにある同店。11月~3月の冬期間は、福島や福島近隣の作家の個展を開いている。店主の高橋さんは「いろいろな作家さんの作品を、コーヒーを飲みながらゆっくりと見てもらいたいと思い開催するようになった」と振り返る。

[広告]

 今回の個展開催のきっかけについて、伊達市出身で現在は二本松市在住の作家・スゲノマロさんは「別の場所で個展を開いた際に高橋さんと知り合い、それをきっかけに開催に至った」と振り返る。今回の個展のテーマは「赤い実」。「コーヒー店ということで、コーヒーチェリーをモチーフにした。季節的にも赤い実の果物などが多い時期なのもあり、このテーマにした」と話す。

 展示した作品は27点。全ての作品にリンゴなどのテーマとなる「赤い実」が盛り込まれている。

 訪れた客からは「おしゃれな店でコーヒーを楽しみながら、ゆっくりと絵を見られて良かった」「こうした場所でやるのは新鮮。まったりしながら楽しめるのが良かった」などの声が聞かれた。

 スゲノさんは来年1月11日・12日、東京・渋谷区で個展「Snow White」を開催予定。

  • はてなブックマークに追加