食べる 買う

福島のベーカリーカフェが1周年 コロナに対応、感謝祭も

来店を呼び掛けるスタッフ

来店を呼び掛けるスタッフ

  • 13

  •  

 福島市のベーカリーカフェを併設するワインショップ「ワインブティック&ベーカリーカフェ ミディ」(福島市太田町)が12月3日で1周年を迎えた。

「ワインブティック&ベーカリーカフェ ミディ」の北側外壁

 南フランスを意味する「ミディ」に由来する店名の同店。1年を振り返り、店主の追分美和子さんは「オープンしてすぐコロナ禍になってしまった。臨機応変に状況に合わせ対応し、順調ではなかったが無事に1周年を迎えられた」と話す。「来店してくれたお客さまの応援のおかげ」とも。

[広告]

 コロナ流行前は、山梨からワイン生産者を招き「ワイン会」を開催。ワインと料理を提供し、生産者の話を聞く場を設けていた。追分さんは「これからという時にコロナ禍になってしまった。テークアウト商品の販売や、ワインとチーズなどをセットにした『家飲みセット』を販売するなどして対応した」と振り返る。

 同店では北側の外壁を、南フランスをイメージしたテラスにリニューアル。オリーブやラベンダー、ミモザなどを植える。1周年記念イベントとして、同店のインスタグラムをフォローし「#カフェミディ」のハッシュタグを付けてテラスでの写真を投稿した人に記念品を進呈(先着100人)。投稿した画面をスタッフに提示すれば応募は完了する。

 12月30日には、約30種のワインを並べ自由に飲むことができる感謝祭を予定。「コロナ流行の状況を見て最終決定する。お客さまが安心して来店できる状態を整えられれば」と追分さん。参加費は4,000円で、定員は30人を予定。

 追分さんは「1周年を迎えられたのは、お客さまのおかげ。また来ようと思ってもらえるサービスと商品提案をしていければ」と意気込みを見せる。

 営業時間は、ワインショップ=10時~19時(日曜は18時まで)、ベーカリー販売=8時~18時、カフェ=8時~21時。火曜定休。