暮らす・働く

福島の買い物代行業が宅配サービス開始 子育て中の人・高齢者らをサポート

イメージカラーのピンクの制服で笑顔を見せる「EVO TO WIN(エボトゥウィン)」の伊藤仁哉さん(左)と鈴木翼さん(右)

イメージカラーのピンクの制服で笑顔を見せる「EVO TO WIN(エボトゥウィン)」の伊藤仁哉さん(左)と鈴木翼さん(右)

  • 35

  •  

 福島市内で食品や日用品の買い物代行などを請け負う「EVO TO WIN(エボトゥウィン)」(福島市御山、TEL070-1159-8089)が10月からサービスを始めている。

 「EVO=Evolution(エボリューション)」「TO WIN=勝つ」の意味から「進化することは勝つこと」を意味する社名の同社。サービス開始のきっかけについて、同社の伊藤仁哉さんは「福島を変えるため、若いうちにできることはないかと考えた時に、このサービスを思いついた」と振り返る。「コロナ禍だからこそのサービスなのでは」とも。

[広告]

 同社のサービスは、福島市内・伊達市内の一般家庭や企業などから買い物を受注し、代行するもの。依頼者はLINEなどを使って買ってきてほしいものを注文し、スタッフがそれを請け負う。ティッシュやトイレットペーパーなどの日用品から、灯油や米など重量があり運ぶのが困難なものなどまで対応。今回、飲食店とも連携し、飲食店のデリバリーサービスとして宅配も請け負うようになった。

 伊藤さんは「子育て中で手が離せない人や、高齢で遠くまで出かけることが困難な人へサービスを提供できれば」と意気込みを見せる。「一人一人に密着して社会貢献できれば」とも。

 受付時間は8時30分~23時。料金は500円から(商品代別)。対応可能エリアは福島市と伊達市(一部地域を除く)。

  • はてなブックマークに追加