暮らす・働く 学ぶ・知る

福島の会員制工房が1周年 元会社員がUターン開業

「ふたつぼしメイカースペース福島」の工房内

「ふたつぼしメイカースペース福島」の工房内

  • 15

  •  

 福島市の工房「ふたつぼしメイカースペース福島」(福島市泉)が4月3日で1周年を迎える。

 昨年オープンし、デジタル工作機器を備える同店。オープンのきっかけについて、店主の氏家淳さんは「福島出身だが長野で会社員をしていた。Uターンで福島に戻り、何かできないかと考えていて、趣味のクラフト関係の店を開こうと思った」と振り返る。「『ファブラボ』のような市民工房を福島に作りたかった」とも。

[広告]

 同店では3Dプリンターやレーザー加工機を利用することができ、機器を使ったワークショップや講習会も開いている。趣味や仕事などでものづくりをする人向けに工房を開放し、会員であれば機器を利用することができる。氏家さんは「人が集まり、ものづくりをサポートできる場所にしたかった」と話す。

 新型コロナウイルス感染症の影響でワークショップなどの開催は控えている同店。氏家さんは「どんなことができるかなど周知していければ。やってみたいと思えるような企画など、興味を持ってもらえる情報発信をしていければ」と意気込みを見せる。

 営業時間は10時~19時。火曜~木曜定休。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース