暮らす・働く

福島・子育て支援を行うNPOがスタッフ募集 病児保育や急な預かりに対応

ポスターを手に研修会への参加を呼び掛けるNPO法人「こども緊急サポートふくしま」のスタッフ

ポスターを手に研修会への参加を呼び掛けるNPO法人「こども緊急サポートふくしま」のスタッフ

  • 46

  •  

 福島市内で子どもの預かりや宿泊、買い物代行などの活動を行うNPO法人「こども緊急サポートふくしま」(福島市東中央1、TEL024-597-6966)がスタッフを募集している。

預かりの様子

 4月から福島市の委託を受け、急な託児などに対応している同NPO。10月20日~23日に開く研修会は活動するスタッフを養成するもの。研修会について、同NPOの佐藤さんは「在籍しているスタッフも高齢化が進んでいる。若い人や未経験者へ向け研修会を開く。若い世代の人がスタッフになってもらえれば」と応募を呼び掛ける。

[広告]

 「必要な時に必要な分の必要な支援を」をモットーに、自宅に訪問しての保育や親が急病になってしまった時の預かり保育などにも対応する同NPO。妊娠中の女性に代わり買い物を代行するなど、子育てのみではなく産前産後のサポートにも取り組んでいる。「自宅で出産する人に立ち会ったこともある」と佐藤さん。

 研修会では保育士、栄養士、小児科医などを講師に招き、計24時間の講習で子どもの発達や看護の基礎知識など、子育てやその支援について学ぶ。全課程の修了者には修了証を発行。佐藤さんは「社会復帰を目指す女性や、社会に貢献したいと考えている人に、ぜひ受講してもらえれば」と呼び掛ける。

 申し込み締め切りは今月17日。

  • はてなブックマークに追加