3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

福島で地元アーティストによるチョークアート作品展 ワークショップも

自身の作品の前で笑顔を見せる今野真理さん

自身の作品の前で笑顔を見せる今野真理さん

  • 66

  •  

 福島市出身・在住の黒板チョークアーティスト、今野真理さんの作品展示会が現在、福島テルサ(福島市上町)で開かれている。

世界各国をイメージしたチョークアート作品

 オイルパステルを使い黒板にイラストを描くチョークアート。チョークアートを始めたきっかけについて、今野さんは「オーストラリアにワーキングホリデーで行こうと考えていた時、そこでしかできないものをやりたいと思い調べていてチョークアートを知った。結局ワーキングホリデーではなく、チョークアートを学びたいと思い、開発者のモニーク・キャノンさんの元へ習いに渡豪したのがきっかけ」と振り返る。

[広告]

 今回の展示会では30点を展示。動物を描いたものや、飲食店のメニュー黒板風のものまで幅広く展示。訪れた人からは「たくさんの色を使っていて飽きずに見ていられる」「かわいらしくて夢を与えてくれる作品だと感じた」などの声が聞かれた。

 今野さんは福島市内でチョークアートの教室も行っている。「趣味で楽しむ人や、アーティストを目指す人も通っている」と今野さん。教室は女性限定で、要予約。

 2月16日には同市の「こむこむ館」(TEL 024-524-3131)で子ども向けにチョークアートのワークショップを開催予定。今野さんは「指を使って描くので子どもでも簡単に楽しめる。チョークアートを通してみんなが笑顔になり、作品を見て・描いて楽しんでもらえれば」と参加を呼び掛ける。2月1日、受付開始。

 開催時間は9時~22時。入館無料。2月5日まで。